エリヤフ・ゴールドラット博士の制約理論は、

プロジェクト工期短縮と利益の増加に威力を発揮します。




会社が変われない本当の理由―TOC思考プロセス実践ストーリー |内山 春幸 /中井 洋子

会社が変われない本当の理由―TOC思考プロセス実践ストーリー会社が変われない本当の理由―TOC思考プロセス実践ストーリー
内山 春幸 /中井 洋子
東洋経済新報社 刊
発売日 2003-02
価格:¥1,680(税込)




帯に短し、襷に長し 2005-11-11
ゴールドラット博士自らの本のほうが、趣旨は理解しやすいように思う。
著者が日本人らしい、図の書き方などにこだわっているところがおもしろかった。
どうせなら、図などの道具の紹介をしっかりしてくれたほうがよかったのではないだろうか?
どっちつかずで、今ひとつ納得できなかった。


■続きを読む


この記事は2006/6/1に作成しました。

【エリヤフ・ゴールドラット博士の経歴】
1948年生まれ。イスラエルの物理学者。

1984年に「ゴール」を発表し、TOC(Theory of Constraints:制約条件の理論)の提唱者として知られる。