エリヤフ・ゴールドラット博士の制約理論は、

プロジェクト工期短縮と利益の増加に威力を発揮します。




ゴールはどこへ消えた?―TOCが2時間でわかる! |小林 英三 /toc‐japan.com work bench

ゴールはどこへ消えた?―TOCが2時間でわかる!ゴールはどこへ消えた?―TOCが2時間でわかる!
小林 英三 /toc‐japan.com work bench
ラッセル社 刊
発売日 2002-06
価格:¥1,050(税込)




ザ・ゴールシリーズで有名なTOC理論の復習に最適な本 2003-12-10
ザ・ゴールやザ・ゴール2で出てくる理論を平易に分か
りやすくまとめてある本だと思います。全体適合を求めるTOCの理論は、確かに、聞けば「当た
り前」と思えることも多い。
しかし、現実的には、ミクロ的な分析と部分適合を追い
求めているのが、主流ではないかと思います。部分適合に満足するのではなく、スループットの最大化をいつも目指していたいと言う思いを忘れないでいたい。


■続きを読む


この記事は2006/6/1に作成しました。

【エリヤフ・ゴールドラット博士の経歴】
1948年生まれ。イスラエルの物理学者。

1984年に「ゴール」を発表し、TOC(Theory of Constraints:制約条件の理論)の提唱者として知られる。