エリヤフ・ゴールドラット博士の制約理論は、

プロジェクト工期短縮と利益の増加に威力を発揮します。




制約理論(TOC)についてのノート |小林 英三

制約理論(TOC)についてのノート制約理論(TOC)についてのノート
小林 英三
ラッセル社 刊
発売日 2000-07
価格:¥2,625(税込)




TOCについて 2004-02-20
この本は、TOCの初級本と言ってもいいと思います。ゴールドラットのゴールを呼んだ後に、読むとTOCについての理解が深まると思います。TOCの概念であるスループット会計、ドラムバッファロープ、思考プロセスを理解する上で非常に良いと思いますし、また伝統的な原価計算とスループット会計との相違点およびJITとドラムバッファロープとの相違点を明確に述べられており、非常に解りやすいと思いました。


■続きを読む


この記事は2006/6/1に作成しました。

【エリヤフ・ゴールドラット博士の経歴】
1948年生まれ。イスラエルの物理学者。

1984年に「ゴール」を発表し、TOC(Theory of Constraints:制約条件の理論)の提唱者として知られる。