エリヤフ・ゴールドラット博士の制約理論は、

プロジェクト工期短縮と利益の増加に威力を発揮します。




制約理論(TOC)のインプリメンテーション |マーク・J. ウォッペル

制約理論(TOC)のインプリメンテーション
マーク・J. ウォッペル
ラッセル社 刊
発売日 2001-09
価格:¥2,940(税込)




待望のTOC導入実践書 2001-12-26
「ザ・ゴ-ル」日本語版の発刊後、海外文献の翻訳書を含め日本においてもTOCについての概要や理論、成功事例等についての書籍が数冊出版されました。しかし、これらの本を読んでTOCの有用性については評価したものの、これから自社にTOCの導入を検討するにあたり実践的な書籍がこれまで見受けられませんでした。しかし、この「制約理論(TOC)のインプリメンテーション」は、例えば各インプリメンテーションプロセスにおける使用資料や評価尺度等、実際にTOCをインプリメンテーションする際の手順や留意点が具体的かつ明解に説明されており、TOC導入を検討する企業や担当者にとって、これまでにない有効なガイドブックであると感じました。私自身も現在自社との環境と照らし合わせてTOCをどのように導入するのかを検討する材料として有効活用しています。


■続きを読む


この記事は2006/6/1に作成しました。

【エリヤフ・ゴールドラット博士の経歴】
1948年生まれ。イスラエルの物理学者。

1984年に「ゴール」を発表し、TOC(Theory of Constraints:制約条件の理論)の提唱者として知られる。